ひろがる京の木整備事業(木製品型開発支援タイプ) - 有限会社山田木工所

インフォメーション

2022.02.22 お知らせ インフォメーション 木切れの活用
ひろがる京の木整備事業(木製品型開発支援タイプ)

京都府が行われている支援の一つである、ひろがる京の木整備事業(木製品型開発支援タイプ)の応援を頂き、京都の木で採れる蒸留水の除菌試験を行いました。

杉の検査結果
桧の検査結果

検査は検体に菌を添加し、その後の生菌数を測定する方法です。

桧は黄色ブドウ球菌に対してかなり効果が認められるようです。1,700,000個が30分後には750個!

杉の黄色ブドウ球菌・黒カビと、桧の黒カビは1/10以下になりました。

端材を使って作る蒸留水。木の恵みを最後まで活かしていきます。

一覧へ戻る

お問い合わせ

わたしたちは一緒にはたらく仲間を募集しています

このたびは、山田木工所のホームページをご覧頂き、
ご興味をおもちいただいてまことにありがとうございます。